再度A112 Jr

右リアサスペンション

一月ほど前にエンジンの修理をしたクルマですが、今回は脚周りの一新をしたいとのことで入庫です。昨日もチラッと書きましたが、ハブとショックとアームを固定しているボルトが固着して中々抜けなかったのですが、右の交換は終了しました。パーキングブレーキのケーブルのアウターを受ける金具にアウターがはまらなくて削ったり、アームのブッシュが押され過ぎててショックがはまらなかったり、今回のパーツはハズレな感じです。

左も固着

続いて左ですが、やはり同じボルトが固着して動きません。右より固着が酷い感じです。浸透潤滑剤が染み込むまでの間、フロントのサスペンションをバラします。

スタビブッシュ

コントロールアームとスタビが繋がる部分のブッシュです。新しいパーツはブッシュとスペーサーが一体化されたものになっています。

コントロールアーム

コントロールアームは、ハブからドライブシャフトを抜かないと取れなさそうです。

フロントショック

フロントのストラットはすんなりと交換できるでしょうか。リアのように、何か落とし穴とか無いか心配です…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。