リアサス

やっと交換

ずーっとボルトが抜けずに交換できなかったA112のリアサスですが、色んな人達の力添えでやっと交換できました。ありがとうごいます。交換前はちょっとした路面の変化でドタバタしてたのですが、だいぶ良くなりました。それでもまだガタガタいいますが、内装の建て付けが緩くなってたりするので仕方ないかなとか思ってます。

ちょっと変更

脚周りが一段落したのでちょっとだけいじったりしてます。何をするにしてもいちいちエアコンのコンプレッサーがジャマです…。

2 thoughts on “リアサス

  1. レシプロエンジンにエアコンのコンプレッサーは不要ですよね。
    20世紀はピストンとクランクで走る自動車、
    21世紀でハイブリッドでも電子制御でもやってください、という感じで、
    ‘60s, ‘70s, ‘80s辺りまでもレシプロエンジンの自動車を堪能して欲しいというものです。
    エアコンはナンセンス。自然の温暖に合わせて、走れば風を受けて涼しいし、寒ければエンジンの熱で暖まれば良い。自然の摂理に身を任せるのが、健康である秘訣でもある。
    そんな気がしてならない今日この頃です。

    • 自分も旧車には余計な物を付けたくない派ですが、あればあったで快適ですよね。
      このところの日本の夏は殺人的な暑さですし。
      それでも今のところ自分のX1/9にはエアコンを付けずにやり過ごしてます。

      エンジンでコンプレッサを回さない方式のエアコンがあればなぁとか思ってます。
      ペルチェ素子で何とかならないかなとか考えたことありますけど、まぁ悪あがきにしかならないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。