ホーン

Renault Kangoo

ホーンが鳴らないということで入庫です。ヒューズも切れてないですし、ホーンボタンを押せばヒューズのところまで12Vが来てますし、ホーンのコネクタのところまで12Vが来ています。ということで下からホーンを外して単体でバッテリにつないでテストです。やはり鳴りませんでした。昔ながらのホーンは中に接点があって、そこにネジを当ててネジの上下で接点のテンションを調整しているのですが、そのネジをグリグリすると一時的に直ることがあります。今回はとりあえず車検を通したいとのことでしたのでグリグリ攻撃で済ませました。後ほど新品のホーンを用意して交換してくださいと伝えておしまいです。

ちなみにグリグリ攻撃は、接点の接触不良が軽い場合にしか有効ではありません。接点が完全に焼けていたり腐食している場合には、分解して接点を磨くしかありません。しかし今はホーン自体の値段が安いので、カシメ部分を剥がして分解する手間を考えると新品を買ったほうが良いです。

車検に行くとのことでしたので、念のため灯火類をチェックしたらフロントフォグが2個ともつきません。フォグのスイッチを入れるとリレーが動いている音がしますし、ヒューズも切れていません。球切れかと思いましたが2個とも切れるのも考えにくいし、念のためテスタで見てみましたが切れていませんでした。で、球をチェックするときにコネクタを抜いて見たところ、カングーあるあるのコネクタ焼損が原因でした。コネクタの端子部分のハウジングがプラスチックなのですが、熱で溶けてしまって端子の間隔が拡がってしまい接触不良となるのです。こうなったらコネクタを交換するとかするしかないのですが、こちらもとりあえず車検を通すために、端子を曲げて接触するようにしました。こちらも後日、コネクタの交換等の対策をお願いしました。

明日は定休日ですが、自分のクルマをやらなきゃいけないし他にも入庫のクルマがあるのでちょっとやらなきゃダメぽいです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。