依然Panda 30

ブレーキレギュレータバルブ

昨日のブログにはクルマの話が何も無いですが、そんな気分の日もたまにはあります。にんげんだもの。みつを。

今日はPanda 30の続きです。キャブの調整をしてたら結構エンジンオイルが床に落ちます。どこから漏れてるか下からのぞいていたら、別の液体が垂れていることに気付きました。リアブレーキのレギュレータバルブがエンジンルームに付いているのですが、コイツが漏れてます。ってことはブレーキ関係を見なければなりません。マスターシリンダは室内外ともに漏れはありませんでした。

フロントブレーキ

フロントのキャリパーにも漏れや固着は無かったですが、パッドの摺動部等に油っ気が無いので掃除して組み直します。

リアブレーキ

リアブレーキも漏れや固着など無く、シューの残りも十分で、こちらも掃除して組み直します。

で、エンジンのオイル漏れですが、あちこち見てみたら、プッシュロッドのガイドチューブが刺さっているあたりから漏れているようです。

プッシュロッドのガイドチューブ

多分チューブの刺さっているところにはOリング的なモノが使われていて、それが劣化しているのだと思われます。交換すればよいのですが、多分ヘッドを外さなくてはなりません。ガスケットキットを手配してもらいました。

キャブも外しました

もうヘッドを外す準備です。フュエルポンプが邪魔だったので外そうとして、オイルプレッシャワーニングランプのセンサの配線を抜いたら、端子が取れました。

取れた端子

圧着工具を使わずにペンチか何かでつぶしただけの圧着なので、配線が簡単に取れてしまいます。キチンと圧着し直して、念のためはんだ付けしておきました。で、何気なくフューズボックスを点検しようとしたら取れました。

外れたフューズボックス

カードボードみたいな内装にタッピングで留められているだけなので、タッピングが効かなくなってます。スピードナットでもかましておこうと思ってます。

一見程度が良く見えた個体ですが、やはりそこは30年以上前のイタリア車、色々と出てきます。またちょっと予備検の取得が伸びてしまいそうです。予備検までの間、とりあえずストレートパイプを付けときました。

ストレートパイプ

なかなか進まないですが、いつかは終わるから頑張ります。明けない夜はないじゃない。止まない雨はないじゃない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。