Panda30のヘッド

ヘリコイルインサート

ヘッドの組み立てをやります。面研の切粉とか掃除してるときに気が付いたのですが、エキマニの取付ボルトのネジ山にヘリサートが入ってます。新品のヘッドかと思っていたのですが、リビルド品のようです。

エキゾーストバルブ

バルブとか組まれた状態で届いたヘッドなのでそのまま組もうかと思ったのですが、擦り合わせがされていませんでした。バルブは新品のようです。ステムにも油っ気が無いですし、単に新品のバルブを組んだだけのようです。

テフロンのバルブステムシール

擦り合わせをするのにバルブステムシールが付いているとできないので一度外します。このテフロン製のシール、ちょっと前から見かけますが、すぐダメになるイメージがあります。

ヘッド裏

擦り合わせ後、バルブを元通りに組みます。

ヘッド表

アッセンブリルーブはRed Lineのを使っていますが、魚のような生臭い臭いがして笑えます。

抜けないスタッドボルト

新しいヘッドが出来上がったので古いヘッドからスタッドボルトを移植しようと思ったのですが、1本だけどうしても抜けません。ネジ山が伸びるくらい強く締めてスタッド自体がトーションバーのようにねじれるくらいなのに抜けてきません。あぶったり叩いたりしてるのですがねじ切れそうです。スタッドだけ調達したほうが良さそうです。なかなか思うように進まないです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。