大詰め

X1/9のメータークラスタ

今日は朝からPanda 30のトーの調整をして、ヘッドライトのバルブの焦点を出してから予備検屋さんに行ってきました。全部見てもらいましたが全く問題が無かったため納車となりました。

で、X1/9の作業の続きです。昨日オドメータの距離を合わせておいたので、メーターを元に戻します。メーターのレンズが曇っていて見づらいので、自分のX1/9から外したメーターのレンズを付けておきました。だいぶ見やすくなったと思います。

ホームセンターの金具

リザーバタンクのステーをとりあえずの金具で留めていましたが、部品が届いたので交換しました。

アフターパーツのステー

これも所謂アフターパーツですけど、ホームセンター金具よりは全然良いかと。言われなければオリジナルに見えます。

ケーブルの外皮押さえ金具

お次はヒーターレバーのケーブルの固定です。外皮を押さえる金具も届いたので取り付けます。

ヒーターバルブとケーブル

これできちんとヒーターバルブが操作できます。

ダッシュトレー

ヒーターバルブの作業の時に気付いたのですが、ダッシュボードのトレーの開閉がスムーズにできません。ロックするのにツマミを回さなければいけなかったり、色々コツが必要な感じです。ヒンジの位置を調整したりスプリングに給油したりして普通に使えるようになりました。

ブローバイホース

ブローバイのホースも届いたのでキャッチタンクと接続です。ホースは取り回しが楽なスーパートヨロンにしました。ルックスが賛否両論ありますが、今回はこれで勘弁してください。

ステアリングラック

最後はステアリングラックの関節の交換です。もう急がば回れでラックを降ろしてしまいます。

ラックの付いてたスペース

ラックを外すと、ボディの錆がスゴかったので軽くケレンしてからシャシブラックを塗っておきました。

シャシブラック塗布後

ラックを降ろさないと塗れないので、良い機会でした。

ラックエンドの関節

初期型オリジナルの分解式の関節が付いていました。大抵交換されていて非分解式の物に換えられていますが、このクルマはまだ換えられていませんでした。非分解式の物に交換する予定です。

ラックもシャシブラック

ラックのボディも腐食が激しかったので、軽くケレンしてからシャシブラックを塗りました。明日関節を交換してクルマに戻す予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。