またステアリングラック

Autobianchi A112 Elegant

今日はタイヤの嵌め替えでホイールを外しているので、ついでにA112のステアリングラックをやっつけます。例のカラーが割れているので交換します。急がば回れで、点検も兼ねてラックアッセンブリを降ろしてしまいます。

降ろしたステアリングラック

過去に交換されているようでTRWのものが付いていました。掃除してバラします。

シャフトの錆

時々引っかかることがあったのですが、原因はこれでした。軽く磨いて錆を落としておきました。

カラー

やはりカラーが粉々です。これでもまだ形が残っている方で、酷いと全てが米粒程度の大きさになっていたりします。

組み立て後

モリブデングリースを詰めてカラーを入れて組み直しました。こちらのラック、珍しくオリジナルの指示通りギアオイルが入っていました。自分はオイルだと漏れるのがイヤなのでグリースを使っています。

タイロッドエンドブーツ

ラックが出来上がったので、お次はタイロッドエンドのブーツ交換です。両方とも割れているので交換しないと車検に通りません。

ブーツの交換後

ボールジョイント部は遊びも無くカッチリしているので、掃除をして新しいグリスを詰めてブーツを圧入しました。

出来上がり

ラックを戻してタイロッドエンドを取り付けて終了です。タイヤが届いたらトーの調整をします。

128のラックカラーも割れてないか心配になったのですが、大丈夫だったのでほっとしました。できることならラックの積み下ろしは避けて通りたいですので。

こちらのクルマは他にもアーム類やブッシュ類の交換が必要なのですが、そちらはまた部品が届いてからになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。