ブロアファン

Autobianchi A112 Elegant

今日はハザード機能を追加しようと思ってましたが、せっかくリフトに乗っているので油脂類を交換しました。エンジンオイルは10W-40で、ミッションオイルは850 Spiderに使ったのと同じ75W-90にしました。エア抜きも兼ねてブレーキフルードも交換です。どれも結構汚れていました。ヨーロッパでは環境保護のため、あまり頻繁にオイルを換えないようです。洗車も指定場所以外ではしてはいけないので、あまりしないようです。

夏用に切り替え

オイル交換のついでにエアフィルタも掃除しておきました。夏冬の切り替えが冬になっていたので夏側にしておきました。

ダッシュボード下

ハザードを追加するのに配線を探るついでに、ブロアファンが回らない原因も見てみました。てっきりモーターが固着してるのかと思いきや、なんとモーターが外れて転がっていました。

ブロアファン

モーターの横のでっぱりにゴムのキャップみたいなパーツが付いているのが正解なのですが、劣化して無くなっています。そのゴムが無いとうまく固定されずに、モーターの回転力で自転してブラケットから外れてしまったようです。こういう細かいパーツって、調達が面倒です。探せば工場内のどこかにあるとは思うのですが、探しても見つからなかった時のダメージが大きいので、何か応急処置的な方法を取ることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。