リアショック

Autobianchi A112 Normale

リアショックのボルトが回らなかったA112の続きです。結局、浸透潤滑剤攻めと振動攻めでなんとか緩みました。

抜けたボルト

前回はハブキャリアの部分で固着してたので全く抜けなかったですが、今回はAアームのブッシュ部分で固着していたのでなんとか抜けました。表面のメッキはすでに剥がれていて、ボルトの表面が腐食して無数のピッティングが発生してます。交換すべきですが手元に部品も無いですし、磨いてアンチシーズを塗って組み戻しました。

お疲れちゃんのショック

まだ機能はしてますが、既に交換した左とバランスを取るために交換しました。

交換したショック

時間がかかりましたがなんとか交換できました。すんなりとパーツを交換できないトラブルって旧車には付きものですが、旧車を扱う以上、宿命みたいなものですね。つらかったですが無事交換できてよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。