ベルト

Renault Lutecia

スターターが回らないとのことで入庫です。バッテリは問題無いですし、スターターも回ろうとしています。入庫の際に『もしかしたらベルトが切れて噛んでいるかもしれない』と言われたので見てみました。

お疲れちゃんのドライブベルト

ぱっと見、ベルトはかかっています。しかし、なんだか幅が細っています。かかっているベルトは簡単に外せました。無くなったベルト部分は千切れてクランクプーリーの内側にはまり込んでいました。ベルトがかかっていたプーリーなどをよーく見ると、クーラントで濡れています。そしてリザーバータンクは空です。ウォーターポンプのベアリングがガタガタで、ここからクーラントが漏れたようです。ベアリングがガタガタなので、プーリーが斜めになってベルトがずれ落ちてしまったようです。ずれ落ちてはみ出したベルトはクランクプーリーの内側へと巻き込まれていったのでした、きっと、多分。

噛み込んでいたベルトを外しても、まだクランクは回りません。見えない内側にまだ噛み込んでいるのだろうとクランクプーリーを外してみました。

噛みこんだドライブベルトと千切れたタイミングベルト

ひょえ~です。話が違ってます。タイベルまで切れてます。スターターが回らないっていうだけだったので油断してました。

バルブリセス

念のためピストンの頭を確認します。プラグを外すのにエアインテークを外さなくてはならず、ちょっと面倒でした。プラグを外してファイバースコープで見てみたのが上の画像です。インテーク側のバルブリセスなのですが、最近カーボンが削れたような跡があります。4番だけ当たってなかったのですが、他の3気筒はもれなく当たってました。

ヘッドを剥がしてバルブを交換するか、エンジン載せ替えか…。ユーザー様の判断待ちです。ユーザー様もお辛いでしょうが、こちらも不動車が増えるのはツライす…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。