トランスミッション

Autobianchi A112

3速のギア鳴りがしやすいトランスミッションをなんとかします。バラす前にケースの外側全体をキレイにします。

掃除後

掃除前の写真を撮っていませんが、全体が泥と油でベタベタのギトギト、ひどく汚れていました。とりあえずベルハウジングとギアケースを分離するところまでバラしましたが、シールやOリングなどのゴム製の部品は全てカチカチでした。ボールベアリングはまだ大丈夫そうです。明日以降、ギアのアッセンブリをバラしてみてシンクロの状態とか点検しようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。