またLHM漏れ

Citroen CX

先日LHM漏れで入庫したCXが、ハンドルが切れない・ブレーキが効かない・車高が上がらないとのことでローダーに載せられて再入庫です。ポンプのベルトが切れたとかで油圧が上がらないのが原因かと思ったのですが、ローダーから降ろしたらLHMが漏れてました。

裂けたホース

前回抜けてたリターンホースよりも圧力の高い方のリターンホースの1本が裂けて漏れてました。

同じラインの別のホース

よーく見ると、同じラインのもう1本のホースは先人によって既に補修されていました。

別のラインのホース

こちらのホースも切れてしまったようで、やはり通称タケノコで別のホースをつないで補修されています。30年以上前のゴムのホースはとっくに寿命を迎えているわけでして、これから先、あちこち切れたりして漏れる箇所が続出するものと思われます。都度、対処するしかなさそうです。

銅パイプのタケノコ

裂けてしまったホースは完全に切ってしまい、手元にあった銅のパイプでタケノコを作って繋ぎました。

固定

接続部の上に一回り太いホースを被せてからホースバンドで固定しました。

タンク周り

念のため、タンクのユニオン部分を取り出して掃除をしておきましたが、汚れはひどくはありませんでした。油量ワーニングのセンサも機能していました。

スピードメーターケーブルのドライバ

漏れの修理は終わったので、お次はスピードメーターの動きがおかしいとのことで、まずミッション側のケーブルのドライバを外してみました。ミッションからの入力を2つに分けて出力するようになっています。1つはスピードメーターケーブルで、もう1つは車速に合わせてLHMの油圧を変えるガバナに入れるケーブルです。

ガバナのケーブル

ガバナのケーブルを抜いて見ましたが、両端に汚れが溜まっていて、ちょっと動きが渋くなっていました。掃除して、注油して、Oリングを交換しておきました。

Veglia製

ガバナのケーブルにはVegliaのロゴが入っていました。ちなみに画像を撮り忘れてしまいましたが、スピードメータのケーブルはJaegerでした。

ケーブルのドライバ

ドライバを掃除して、Oリングを交換しておきました。シャフトを手で回すとたまに引っかかるような感じがあるのがちょっと気になります。スピードメーターケーブルも回してみましたが渋さなどは感じませんでした。

外したドライバやケーブルを戻して走らせてみましたが、やはりスピードメーターの針が踊ります。メーターケーブル自体の不具合の可能性もありますが、もしかしたらメーター側の問題かもしれません。ケーブルは簡単には手に入らないので、明日以降、まずメーターをバラしてみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。