ドアオープナー

Land Rover Range Rover

運転席の内側のオープナーでは開くのに、外側のオープナーではドアが開かないということで入庫です。早速ドアの内張を剥がして中を見てみます。

外側のオープナーの裏側

画像はドアオープナーの裏側を内側から見た図です。外のオープナーを引くと、バネの付いた白い樹脂のロッドが押されて、そのロッドの先端が金属のレバーを押すようになっています。そのレバーの先端には樹脂のブッシュを介して細いロッドが挿し込まれています。画像の一番右のロッドです。

ラッチ部分

その細いロッドの反対側はネジで長さが調整できるようになっています。そのロッドの先端はレバーの付いたシャフトを回すようになっていて、そのシャフトが回ることでドアラッチが解除されます。特に外れているとか折れているということは無いのですが、細いシャフトに遊びがあって、ラッチを解除しきれていないようです。ネジ部分で調整可能なので遊びが無くなるようにしたところ、外側のオープナーでも開くようになりました。

摺動部分のあちこちに樹脂が使われているせいか、その樹脂の摩耗や劣化で遊びが大きくなったようです。無事ドアが開くようになったので外した内張とかを戻して終了と思ったのですが、今度はロックができません。戻した内張を剥がさずにあーだこーだやったのですが、結局もう一度外すことになりました。

結局ただ単にロック機構の各部の動きが渋くなっていたようで、給油したら直りました。今まではギリギリ閉まっていたようです。しかも助手席側のドアロックアクチュエータが死んでいて、助手席側だけは手動でロックしないといけないことに気付くのにも時間がかかりました。

今回は色々問題のある状態だったのに、『中からは開けられるけど外からは開けられないのを直して欲しい』とのことだったので、あまり状態を把握せずに作業をしたために二度手間になってしまいました。関連のある機能を一通りチェックしてから作業すべきでしたが、色々試すとセキュリティアラームが鳴るのであまりいじりたくなかったというのがホントのところです。近所迷惑なんですよね、アラーム…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。