ミニ

Rover Mini

ミニは、メジャーな車種なのにあまり触ったことがありません。フロントの脚周りのパーツを交換してほしいとのことで入庫です。

破れたブーツ

タイロッドエンドのブーツやラックのブーツがボロボロです。さらにタイロッドのボールジョイントがガタガタなので交換します。

お疲れちゃんのパーツ

タイロッドエンドだけは再使用するとのことですが、他は新品に交換です。付いていたタイロッドは、スパナをかける部分が無いのでSSTを使って回しました。

新品パーツ

ラックブーツの箱がカワイイです。新しいタイロッドはちゃんとスパナをかけられるようになっています。

交換後

手がグリスまみれなので途中の画像が無くてすいません。ラックブーツの内側のバンドを留めるのがちょっとやりずらかったです。結束バンドという手もあるのですが、ここは真面目にキットに付いてきたスチールのバンドを使いました。反対側も同様に交換しました。

ドライブシャフトブーツ

左の外側のドライブシャフトブーツがパックリ切れています。ドライブシャフトを降ろさなくてもできそうではあったのですが、急がば回れで降ろしました。しかし簡単には降りなかったです。なんと、インナー側のブーツバンドを切ってブーツ部分でミッション側と切り離さないとドライブシャフトが抜けてこないのです。驚きました。

新しいブーツ

やはり手がグリスまみれだったので途中の画像はありません。アウターブーツのバンドは降ろした状態で付けられるので問題無いのですが、インナーブーツのバンドはクルマに付けた状態で締めないといけないのでちょっとやりずらいです。

フロントバンパー上の金具

ついでに、フロントバンパーの上に付いている金具を外してほしいとのことなので外しました。一度バンパーをはずさなければならないのですが、これがまた大変でした。

バンパーの留めボルト

バンパーは、バンパー側に植わっている3本のスタッドで留められているのですが、これが錆による腐食&固着で緩められません。しかもそのスタッドがカシメでバンパーに留められているので割と簡単に空回りしてしまいます。文明の利器でなんとか切り抜けましたが、古いクルマはこういうことがあるので怖いです。

ヒーターホース接続部

作業してたら床にクーラントが垂れているのをみつけてしまいました。漏れの原因はヒーターホースのユニオン部分でした。ホースバンドを増し締めしたら治まりましたが、結構な締め具合なので先日のDuetto Spiderと同じように、ユニオンの腐食が原因かもしれません。

ミニはオイル交換ぐらいしかやったことがなかったのですが、古いクルマなのに作業性の悪さにちょっと驚きました。クルマが小さいせいもありますが奥の方に手が入らなかったりして、ちょっとした作業が大変だったりします。自分が慣れていないのが一番の原因なので精進したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。