リアシート

Fiat 124 Sport Spider

それほど激しい作業もしていないのに気付くと爪が割れてたりします。老化を感じる今日この頃ですが皆様はいかがお過ごしですか?老化で死んでしまう前にリアシートのカーペットをなんとかしてみます。

剥がしかけのカーペット

この状態で行き詰ってましたが地道な作業を再開します。しかし腕が疲れるし、そもそも地道な作業は苦手なので集中が続かず、ちょこちょこと他の作業をしながら剥がしてみました。しかし1/3も剥がせずに夕方になってしまって、これはさすがにマズいと。このままだと今日の進捗は0だと。

剥がれてます

剥がす前に老化で死んでしまってはマズいので、電動工具の力を借りて無理矢理剥がしました。お陰で床が悲惨な状態になり、掃除の人に怒られそうな感じだったので見られる前に証拠隠滅しておきました。危なかったです。

置いてみる

ピンボケですいません。置くと、こんな感じになります。当然ですが普通に収まります。もしかしてカーペット剥がしの間に歪んでしまったかなとか思いましたが大丈夫でした。

新しいカーペット

新しいカーペットもあてがってみました。縁取りのトリム部分が厚くなっているのでキチンと収まるかちょっと不安です。なんにせよ、めでたく古いカーペットが剥がれたので明日、裏とフランジ部分をFRPで補強してから新しいカーペットを貼ろうと思ってます。老化で死んでしまう前に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。