純正品

Citroen C4

例のFCAとPSAグループの統合の関係でパーツの供給がちょっと滞っています。通常はメーカーに在庫があれば注文した次の日には届くのですが、あまり需要の無いパーツだと5日くらいかかったりします。で、ようやく純正のウィンドウレギュレータが届きました。

純正のウィンドウレギュレータ

純正品はモーターだけとかメカ部分だけとかの供給が無く、この状態でのアッセンブリのみとなっています。純正品だけあって、取り付けボルトも付いていてしかも丁度良い長さにねじ込まれています。ガラスのサポートの位置も丁度良い位置になっているので、なにもしなくてもそのまま取り付けできます。取り付け後に動作確認しましたが、当然助手席側スイッチからも運転席側の集中スイッチからも操作可能となりました。

最近のクルマは、昔のクルマに無いような意外な機能が組み込まれていたりします。特に電気周りでは、単に部品を交換しただけではダメだったりします。これからはディーラーでしか修理できないことが多くなり、最終的にディーラーで面倒を見てもらえなくなったら諦めるしかないようになるかもしれません。クルマが趣味のアイテムではなく、家電のような、単なる道具となる日も近い気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。