プロペラシャフトとか

Fiat 124 Spider

色々やっている124 Spiderですが、サポートのゴムが切れていたプロペラシャフトを降ろしてみます。

プロペラシャフト

ここから各ジョイント部をバラして、真ん中のベアリングを抜きます。

お疲れちゃんのパーツ達

スパイダージョイントを抜くのに、整備書では叩いて抜く的に書かれてますが、叩いた位では全く動かないのでプレスで押してようやく取れました。真ん中のベアリングも結構硬く入っていて、プレスで押したらバキンという音と共にようやく抜けて来ました。

取り付け

新しいジョイントとベアリングを組んだらクルマに戻します。ついでにラバーカップリングやミッションマウントも交換しました。

コンペンセータリンク

ブッシュがボロボロだったリンクは、オーバーホールキットみたいなセットがあったのでボルトナット以外、新品に交換しました。

先日漏れを見つけたリアブレーキですが、よーく見るとキャリパーからは漏れていませんでした。オーナーさんの話では、以前にブレーキホースからフルードが大量に漏れたことがあったので、その際に拭ききれなかったフルードが残っているのではないかとのことでした。ということで下周りはとりあえず終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。