ダイナモ

Fiat 600D

今日クルマで走っていたら、前のクルマのナンバーが『510』でした。その510さんが左折していなくなったと思ったら、その前のクルマのナンバーが『3110』でした。たまたまなんでしょうけど、並んで走ることがあるんですね。猫背の600ですが、朝にエンジンをかけて工場へ行こうとしたらチャージワーニングのランプが点いてしまいました。

チャージワーニングランプ

点いたり消えたりじゃなくて、ずっと点きっぱなしです。ダイナモが出力していなさそうなので外してみます。

ダイナモ

この年式のFiat車はオルタネータではなくダイナモです。後ろのカバーを外してブラシを見たら、片方がだいぶちびていてコミュテータに当たっていませんでした。しかもリード線が抜けてました。手持ちには同じサイズのブラシが無かったので、幅の広いブラシを削って入れました。

取り付け

クルマに取り付けてエンジンを始動してみました。最初はランプが消えて出力が出ていましたが、何度かレーシングをしたり再始動したりすると、ランプが点いたり消えたりします。

レギュレータ

レギュレータの端子を磨いたら少し良くなったのですが、やはり点いたり消えたりします。このタイプのレギュレータの動作はちゃんと理解していないので少し勉強してみます。けど、もしかしたらダイナモのフィールドコイルとかの問題かもしれません。もう少し調べてみる必要がありそうです。何も考えずにダイナモとレギュレータを新品に交換すれば解決するんですけど、それだとなんだかスッキリしないんですよね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。