オイル漏れ

Citroen DS5

さっとブレーキ周りを見たDS5ですが、パッドとローターを交換します。

フロントブレーキ

摩耗して薄くなっていたローターとパッドを新品に交換しました。今回はTRWの製品を使用しました。

リアブレーキ

リアのローターは摩耗が少なかったのでパッドだけ交換しました。こちらもTRW製です。新品のパッドは、フロントが12mm強、リアも11mmほどあります。

スロットル周り

ブレーキが終わったのでオイル漏れをなんとかしてみます。オイルパン内の油圧制御のソレノイドのケーブル出口から漏れているのは分かっているのですが、そこよりも上側からも漏れています。スロットルの辺りに漏れたオイルが付着しているのですが、原因の箇所がイマイチ特定できません。後でもう少し観察してみます。

オイルパンを外した図

油圧制御のソレノイドとそのシールを交換する為にオイルパンを外しました。今回は急がば回れで、エキゾーストのパイプを外してしまいました。このほうがスロットル周りの観察や作業がしやすいですし。画像は掃除後ですが、古い液体ガスケットをキレイに取り除くのがちょっと面倒です。

オイルパン

同じくオイルパン側も古い液体ガスケットを取り除きます。あまりオイル交換をマメにやられていなかったせいか、底にスラッジが堆積していました。明日以降、ソレノイドを交換して、ブロックの上部からオイルが落ちて来なくなったら液体ガスケットを塗ってオイルパンを取り付けます。スロットル周りのオイル漏れ部分も特定しなければなりません。下から見上げなきゃいけないので、結構首がしんどいです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。