一応終了

Citroen DS5

部品待ちだったDS5ですが、届いたので作業を再開します。

ブローバイホース

正確にはオイルセパレータから出たガスをインマニ側に吸わせるためのパイプなのですが、Oリングが痩せてしまったのかインマニとの接続部でオイルが漏れていました。Oリングだけのパーツの提供が無いため、ホースごと取り寄せました。交換は手探りでインマニの裏側を通さなくてはならないので、なかなか面倒です。

下周りの組み上げ

ホースの交換が終了したので、エキゾーストパイプ、エンジンマウント、ドライブシャフト等の外したものを戻していきます。

エンジン側の組み上げ

こちらも吸気系から外したエアフィルタ類やパイプ類を元に戻します。ブレーキのエア抜き、エンジンオイルの補充をして試走してみましたが、新たなオイル漏れなども無く問題無い感じです。

その後オーナーさんから、ドアの開閉時に音が出るのと、リアの足周りから音が出るのを見て欲しいと言われたので見てみました。ドアの音は、チェックストラップの摩耗が原因で、この辺りのクルマには良くあることです。チェックストラップをアッセンブリで交換しなければ直りません。リアの足周りからの音は再現性が低いのでイマイチ原因がはっきりしませんが、多分ショックのシャフトの動きが悪いかスプリングシートの座りが悪いことが原因かと思います。こちらもショックの交換等で様子を見る感じかと思いますが、どうしましょうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。