コンプレッサ

Peugeot 308SW

エアコンのコンプレッサを交換して欲しいということで入庫です。いつものごとく作業途中の写真を撮り忘れてます…。

あらかじめ冷媒をラインから抜いてからサクッと換えちゃいます。このエンジンはドライブベルトを簡単に緩められますし、緩めた状態でのロックも簡単です。コンプレッサを固定しているボルトもアクセスが簡単で、3本のM8のボルトを抜くだけです。あとはコネクタを外して、パイプを固定しているナットを2個外してパイプを抜き、配線を留めているステーをM5のボルトを緩めてコンプレッサを摘出。

外したコンプレッサ

焼きついちゃったか何かでオイルが真っ黒でした。

リビルドコンプレッサ

取り付けは取り外しの逆の手順で難なく終了です。この後ラインの真空引きをして冷媒を戻して終了です。けどウチはエアコンの付いてないクルマばかりで冷媒の回収機などの機材が無いので、冷媒関係の作業は師匠にお願いします。いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。