高圧ポンプ

Citroen Grand C4 Picasso

高圧ポンプが不良ということで入庫です。あー、いつものポンプ交換かと思ってポンプを見たら初めて見る形のポンプでした。

外したポンプと良品のポンプ

交換自体は難しくないのですが、ポンプにアクセスするために色々外します。

作業前

エアフィルタやインテークパイプ関係を外し、ブレーキフルードのリザーバーも邪魔なので外してずらします。

ポンプの駆動部

画像の真ん中あたりにあるアルミの部品がポンプの駆動部分で、その下にポンプ本体が付いています。このエンジンを触るのは初めてで、ポンプの外し方とかが分からなかったので、今回は駆動部分ごと外しました。ポンプ本体にガソリンのユニオンが2本と電気のコネクタが1本繋がっているのですが、裏側の非常にアクセスしずらい場所なのでちょっと苦労しました。初めてな上、裏側で見えないので、コネクタのどこをどうすれば外れるのかもわからないですし。一度分かってしまえばなんてことない感じでした。ただアクセスがしずらいので、分かっていても大変かもしれません。新しめのクルマは苦手です…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。