盛りだくさん

Alfa Romeo 156

色々不具合ありで入庫です。ラジエタ・ステアリングラック・フロントロアアーム・インナードライブシャフトブーツ・ブレーキフルードの交換です。まず脚周りをバラします。

脚周りの分解

ドライブシャフトとロアアームを外した図です。簡単なのでインナーブーツを交換してしまいます。

インナーブーツ切れ

左右ともパックリ割れてます。アウターは平気です。CVの抜け防止のクリップを外して軽く引っ張ると抜けるのですが、なぜか片方、叩いたくらいじゃ抜けないのでプーラーで引っ張って抜きました。

交換後

今回交換するのでロアアームを外しましたが、ボルトが中々抜けませんでした。アルミのブロックに鉄のボルトで締結しているので、完全にボルトが咬んじゃってます。

ロアアーム

ボールジョイントが緩くなってました。次にラックですが、タイロッドのボールジョイントがグラグラで、ホイールが動くので中古のアッセンブリと交換です。

中古のラックアッセンブリ

油圧のパワステです。配管を外したり避けたりするのが面倒そうです。

車上のラック

陰になって良く見えませんが、外すのも大変そうです。サブフレームをずらすくらいでイケるのか、よくわかりません。気が重いです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。