タイミングベルト

Alfa Romeo 147のエンジン

アルファロメオ147のタイミングベルト交換です。1番の圧縮上死点を出して、SSTをカムに取り付けてからバランサのベルトとタイミングベルトを外します。画像はもう外した後です。ついでにウォーターポンプも交換します。定番の作業だそうです。

新旧ウォーターポンプ

古いほうの羽は樹脂ですが、新しいほうはアルミです。タイミングベルトでウォーターポンプを駆動しているエンジンは、タイミングベルトの交換時にウォーターポンプも一緒に換えるようです。テンショナとアイドラも換えるのでパーツ代だけでけっこうかかります。しかも147はバランサもあるので、それ用のベルトとテンショナも交換します。

一応交換は終わったのですが、夢中になっていて写真を撮り忘れています。しかも月末なので色々やることが多くて忙しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。