GSのエキゾースト

触媒の入口側

シトロエンのGSです。とりあえず走れる状態にはなっているのですが、やはり色々気になるところがあるということでお預かりしてます。イマイチ点火系が頼りないということで、昨日MSDを取り付けました。MSDを付けるとタコメータを繋げなくなるので、アダプタを作って繋げられるようにしました。

次に気になるのが排気漏れとのことで、3か所の接続部がパテで固められているのですが、固められているにも関わらずそこから漏れています。車検対応のためだとは思いますがきちんと直さなければダメです。

触媒の出口側

およそクルマの修理とは思えない道具を使って、コンクリート状のパテを取り除きます。

リアタイコの接続部

剥がしてみたら、接続部のパイプの径が全く合っていなくて隙間が大きすぎたり、合口の角度が合っていなかったりで、どうやっても漏れが止められません。

角度が違います

ラッパ型の合口は腐食で密着しないので、通常のガスケットを使う平らなフランジに交換する予定です。径の合わない差し込みの接続部は、かませモノをするか、やはり通常のフランジにするかします。

燃料タンクの配管

次に気になるのが、ガソリンを満タンにすると漏れるという点です。左側から漏れてくるというので左側の上部に穴でもあるのかと思いタンクを半分降ろして見てみたのですが、タンクの上部には特に腐食などはありませんでした。その際にセンダー部分を見たら、圧力抜きのパイプが割れているのが見えました。多分これが原因です。ここから漏れたガソリンがタンクの上部の淵を伝って、タンクの左側へ流れていくのだと思います。汎用の太めの燃料ホースを見つけて交換する予定です。

片目

クルマを移動している時に指摘されたのですが、左のブレーキランプが点いていません。スモールも左側が暗いし、ウィンカを出すとスモールがそれに合わせてさらに暗くなったりするのでアース不良かと思いました。とりあえずライトアッセンブリを外します。

アッセンブリを外したところ

外してみたら、バルブホルダが中に転がっています。ホルダをきちんと取り付けていなかったのだと思います。

ホルダの取り付け

念のためバルブを一度すべて外して電極部を磨いてから取り付けました。

直りました

単に取り付けの不良で点いていないように見えただけでした。

LHM漏れ

こちらは特に指摘はされていないのですが、LHMが漏れています。どこからともなくにじんでくるんですよね…。

こちらにも

このあたりにもにじんできています。

パイプの割れ

こういうパイプなんかも折れていたりします。もうクルマ全体が寿命のような気がします…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。