W124のウォーターポンプの取り付け

お疲れちゃんのウォーターポンプ

今日も続きです。結局エアクリーナケースを外したり、何かのソレノイドバルブ的なものをずらしたりしてようやくウォーターポンプが外れました。やっぱポンプから漏れてました。

ポンプの取り付け面

ブロックの穴と当たる面のポンプ側にOリングが付いているのですが、カチカチでした。微妙に漏れていたのか、当たり面が結構汚れています。オイルストーンで当たって各部を掃除してからポンプを取り付けました。

新しいウォーターポンプ

ここまで外しておけば、ポンプの取り付け自体は大変ではありません。手が小さい人ならインマニの1番と2番の間の隙間に手を入れてボルトを挿せます。ここから色々戻していくのですが、取り付けの順番とか付いていた部品とかをキチンと確認してから組まないと、後ろ向きの作業の連続になってしまいます。というか、なってしまいました…。

元通り

ここまで戻すのにえらい時間がかってしまいました。あとはクーラントを入れて動作確認したら終了です。

昨日あたりからなんだかお腹の辺りが痛いなと思ったら、どうも帯状疱疹にかかってしまったようです。肋間神経痛かなとか思っていたのですが、今日になって皮膚に発疹が出てきました。そんな病気、生まれて初めてなのでちょっと萎えます。齢には勝てないです…。皆様もどうぞご自愛ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。