キャブ

Fiat 850 Spider

どうもキャブの調子が良くないということでバラしてみます。はじめて試走に出た時にアイドルしなくなったのでキャブを軽く掃除しましたが、やはり本格的に掃除しないとダメなようです。

洗いに使った溶剤

あまりの汚さに、洗うことに夢中になってしまい写真を撮るのを忘れてしまい、汚れた洗い油の写真です。キャブの中は、ガソリンがガム状になったところに錆や泥が溜まり、さらにそれが固まった状態になっていました。とにかく外せるところは外して掃除しました。

掃除後

チョークバタフライのリターンスプリングやポンプジェットのカッパーガスケットが欠品していたり、きちんとメンテされていない感じでした。

インマニ

インマニには、スロットルが大きく開いている時にブローバイを直接インマニから吸うようにバルブが付いています。しかしこのバルブが完全に固着しているうえにユニオンも完全に詰まっていました。たまにワザと固定しているクルマもありますが、こちらは単にほったらかしにされて固着してしまったようです。固着や詰まりをキレイに掃除して機能するようにしました。

組み上げ

掃除前はミクスチャスクリューの位置がおかしく、全閉からほんの少し開けたところで調子良くなる状態でしたが、その位置がもう少し開けたところになりました。猪子が良くなったかどうか、後日試走して確かめてもらおうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。