ショック

Peugeot  106

ショックアブソーバの交換で入庫です。フロントはストラットなのですが、ハブキャリアがショックケースと一体になっています。ブレーキ関係を取り外し、ロアアームのボールジョイントを抜いて、ドライブシャフトの先端を抜きます。

お疲れちゃんのフロントストラット

さらっと『抜きます』とか書きましたが、ハブのスプラインやボールジョイントのシャフトが錆で固着していて、叩いたり揺すったり、色々やってようやく取れました。しかもボルトのネジ山が錆で傷んでいたり、緩めるのも大変でした。

ハブの傷

交換するストラットとスプリングは別にあるのですが、ハブとアッパーマウントの金具は古いストラットから外して移植します。で、ハブを抜いてみたのですが先人によって傷が付けられていました。ハブを抜くとほぼもれなくベアリングのインナーレースが付いてくるのですが、そのインナーレースを外す際にグラインダーで削ったのだと思います。その際に勢い余ってインナーレースだけでなくシャフトまで削ってしまったようです。左右両方とも同じような傷が付いていました。

新しいベアリング

交換するストラットに新しいホイールベアリングを圧入して、シャフトを磨いたハブを圧入します。

取り付けるストラット

スプリングは直巻きでプリロードが変えられるタイプのものです。ヘルパースプリングが付いているので一番長くしてもスプリングが遊ばないようになっています。

取り付け

外した物を元に戻して交換は完了です。反対側も同様にやりますが、ローターを留めるネジが折れ残っていたり、やはり錆でネジ山が傷んでいたりして大変でした。

お疲れちゃんのリアショック

お次はリアショックです。こちらは上下のボルト2本だけで留められています。古いショックの状態を見ていただければ想像できると思いますが、やはりボルトのネジ山が錆で固着していて、緩めるのが大変でした。

交換したリアショック

交換自体は簡単なのですが、やはり錆による固着との戦いでした。これくらいの年式のクルマでもメンテされていなかったり放置されていたりすると面倒なことになったりします。

2 thoughts on “ショック

  1. 恐れ入ります
    プジョーなのにダブルシェブロンの
    ストラット?
    Saxo用でしょうか
    マニアなもので、すいません
    106よりSaxoのほうがラップタイムは
    ちょっと速いんだと言っていたフラン
    ス人を想いだしました

    • ストラットはオーナーさんが用意した物な上に、自分はこの辺りは詳しくないので不明です
      プジョー・シトロエンは共通のパーツが多いので、きっとSaxo用等の流用と思います
      もしかしたら定番の流用法なのかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。