電装品

ボロいFiat X1/9 1300

先日、オルタネータのレギュレータが死んでしまったのを機に、電装品の予備を用意しておこうと思い立ちました。

オルタネータ

だいぶ前に外した、オレンジメタのX1/9 1500に付いていた物です。ブラシもレギュレータも問題無いので、ダイオードを外してコイルをチェックしてみました。ローターコイルは3~4Ωくらいなので問題なさそうです。ステーターコイルは1Ωくらいかと思うのですが、持っているテスタでは低抵抗はうまく測れないので何とも判断できない感じです。

バラしたレクティファイア

ダイオード自体は9個とも問題無いようです。が、ヒートシンク兼電極との当たり面がキチンと接触しているかが怪しい感じです。一応掃除して組み直しておきました。明日、単体でテストしようと思っています。

直したスターター

スターターも予備を用意してみました。ブラシは残りが十分あるので掃除して、コンミュテータも掃除して組み直しておきました。ソレノイドスイッチは一度分解して、中のスイッチ部の電極を磨いて組み上げました。単体テストは良好でした。

オルタネータもスターターも、以前から比べると格安と呼べるほどの価格で手に入れらるようになったので買ったほうが手間が無くて良いのですが、直して使えるのならやはりそうしたいなと。いよいよ使えなくなってから買おうかと思ってます。貧乏性ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。