124

Fiat 124 Sport Spider

元祖124スパイダーが入庫です。もう何年経つかは分からないですが、少なくとも5年は放置されていたとのことで、なんとか車検を取れるレベルに、とのご依頼です。現状把握のため、下回りから見ていきます。

ショックのブッシュ

ショックのロワーアイのブッシュがはみ出してしまっています。完全に遊んでます。

Aアームのブッシュ

Aアームのブッシュです。遊びは大きくないですが外に出ている部分が千切れたりしています。Aアームとキングピンハウジングを繋ぐボールジョイントもブーツが切れていました。

タイロッドエンド

タイロッドエンドは、ボールジョイントの遊びは無いですがブーツが切れてます。センターロッドは、ボールジョイントにガタがありました。

AT

この124、オートマなんです。ミッションはGM製です。全体的にオイリーで、汚れが目立ちます。

ピンボケ

ピンボケですいません。ATフルードが滲んでます。

ブレーキ

ブレーキローターも錆び錆びです。パッドもまぁまぁ減っています。キャリパー等に漏れはないですが、オーバーホールしておいた方が良い感じです。

マフラーハンガー

リアのタイコはANSAですが、テールエンドのインナーサイレンサが腐食して無くなっています。マフラーハンガーも千切れています。

トランク

ガソリンタンクが外されています。中の錆が酷かったために、前任者が補修しようとして外したままになっていました。補修にかかる手間賃で新品のタンクが買えそうなので、新品にしようと思ってます。

フュエルフィルタとポンプ

ゴムのホース類はカチカチです。フィルタは換えたほうが良いです。ポンプも状態が分からないので換えたいところです。

エンジン

昨日のD-Jetronicに続き、こちらはL-Jetronicです。L-Jetronicシステム単体での動作確認は難しいので、燃料系が出来上がってから実際にエンジンをかけながら動作確認しようと思っています。点火系はフルトラで、Magneti MarelliのPlexです。A112 Abarthなんかにも使われているやつです。L-Jetronicのシステムからは完全に独立していますので、単体で動かしてみましたがちゃんと火花が飛びます。念のためエンジンの圧縮も測ってみましたが、どの気筒も14前後なので問題無いと思います。早くガソリンタンクを載せて始動してみたいです。冷却水の漏れは無く、汚れもひどくは無いのですが、水のみでLLCが入っていないっぽいので、フラッシング後に新しいLLCを入れます。

ざっと見ましたが、結構部品も必要ですし、お金と時間がかかりそうです。駆動系も動かしてみないと状態が掴みづらいのでどうなるか心配です。この状態だと完全に不動なので、なんとか早急に動かせるようにしたいと思ってますがどうなりますか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。