閉塞

Fiat 124 Sport Spider

トゥーランの車検は無事終了しました。週末に納車予定です。なんかずっとシルバーのクルマが続いていますが、124の続きです。

スロットルヒーター

スロットルヒーターへのホースがイマイチ温まっていないので外して見てみたら、ユニオンが錆で詰まっていました。ホジホジして通るようになったのですが、リターン側のホースが相変わらず熱くなりません。その先でも詰まっているようです。

ウォーターポンプのパイプ

その先はウォーターポンプへのパイプに繋がっているのですが、やはりユニオンが錆で詰まっています。こちらもホジホジして、ようやくスロットルヒーターにクーラントが周るようになりました。しかし、室内のヒーターコアも詰まっているようで、温風が出ません。エアコンの室内機が邪魔で、ヒーターコアへのアクセスが大変です。でも、やらないとダメでしょうね…。バルブとコアの交換、宿題です。

漏れ発生

そうこうしてたらラジエタホースの隙間から漏れが見つかりました。ホースも換えなきゃダメぽいです。最低限の作業で済まそうと思いましたが、ちゃんと機能させようとするとかなりの道程となりそうです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。