147

Alfa Romeo 147

テンショナプーリーから音が出ているということで入庫です。新品に交換して欲しいとのことですので早速交換します。

ベルトカバーを外したところ

後でベルトを張りやすいようにカバーを外してしまいます。

ベルトカバー

カバーを外したら、一部、割れてました。良く割れるところのようです。前任者が補修してくれてました。

お疲れちゃんのテンショナ

テンショナを緩めてベルトを外し、テンショナを外します。交換してくださいと言われたので疑問を持たずに外したのですが、プーリーのベアリングは問題無い感じでした。新品に交換してベルトを張りましたが、やはり相変わらず音が出ています。アイドラプーリーのベアリングのほうが緩い感じでしたが、それでも音が出るほどではありません。音の出所を探ったらミッションの中からでした。カウンターシャフトかインプットシャフトのベアリングが怪しい感じです。中古の程度の良いミッションに載せ替えを検討するとのことでそのままお引き取りいただきました。

147の作業をしていたら155のオーナーさんから連絡がありました。クラッチ系統からフルードが漏れているとのことでした。147が呼んでくれたのですかね。ありがたいことです。部品の目途が付いたらお預かりの予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。