キャリパー

Fiat 124 Sport Spider

今日は冷たい雨の一日でした。124のリベンジを計画していましたが雨が微妙に強かったので明日にしました。明日は定休日ですが、仮ナンバーの期限が明日なので仕方ないです。

新品なのにお疲れちゃんのリアキャリパー

テスター屋さんでリアブレーキが効かなくなった件は修理済みなのですが、ハンドブレーキの効きが右だけ弱いとの指摘がありました。124は左右を1本のワイヤで繋いでその真ん中を引く方式なので、なんで片方だけなのかなと不思議でした。ワイヤの取り回しを変えたり、パッドとローターを交換したりしたのですが直りませんでした。最終的にキャリパーを換えたら直りました。

元サヤ

元々このクルマに付いていたキャリパをバラして、掃除してからシール類を新品に交換して取り付けました。今回、わざわざ新品のキャリパに交換したのですが右のリアだけハズレだったようです。念のためバラして組み直したりしてみたのですが、どうにも直りませんでした。ピストンにハンドブレーキ用の機構が組み込まれているのですが、もしかしたらピストンをアッセンブリで交換したら直るかもしれません。ただこのキャリパ、社外品なのでFiatのピストンが使えるかどうかは不明です。

新品でも社外品はたまにハズレを引くことがあります。新品だからと安心しているせいか原因にたどり着くまで時間がかかったり。明日、リベンジしてみます。何事も無く通りますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。