かぶり気味

Alfa Romeo Nuova Super 1300

月末は色々忙しいですが、なんとか今月もやり過ごせました。辛うじて毎日生き延びてますが、今日はアイドリングが不安定なJuliaをなんとかしてみます。

スパークプラグ

まずプラグを見てみました。ご覧の通り真っ黒です。プラグを外したついでに圧縮も測ってみましたが、4気筒とも大体13㎏fくらいなので問題ないようです。キャブのミクスチャスクリューの開き具合を見たところ、4つともバラバラなうえ、2回転くらい開いていたりしました。単にこれが原因のような感じなので絞ってみたところ、だいぶいい感じになりました。けど、まだくすぶり気味ですし、エンジンの回転に合わせて鳥の鳴き声みたいな音がするのでキャブを外してみました。

インテーク周り

小鳥の鳴き声は二次エアを吸ってる音でした。キャブとマウントの間で吸ってるかと思ったのですが、どうもマウントとインマニの間で吸っているようです。となるとインマニを外さなきゃダメなのですが、クーラントを抜かなきゃいけないので気が重いです。念のためインマニのガスケットも用意しないとなりません。キャブはキレイですが、こちらも念のため掃除とかしようと思っています。イタリアから来たクルマは、やはりスンナリとはいかないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。