ピストンとか

Fiat 128のカムシャフト

昨日バルブとか組んだFiat 128のヘッドですが、バルブシートやバルブを交換したためタペットクリアランスがまったく変わってしまったので、この状態で一旦規定値に合わせておきました。腰下と合体させてから最終的にキチンとクリアランスを確認する予定です。

ピストン

ピストンを掃除して新品のピストンリングを組みます。絵でちゃんと組む順番とか書いてあって面白いです。けど、リングの向きとかに関する注意は書いてありません。

ピストン挿入

ブロック側も掃除してピストンを挿入します。同じエンジンでも、コンロッドのマークの向きがX1/9と128では逆だったりします。

クランクシャフト

クランクシャフトやメタル類も掃除してクランクを取り付けました。ここまで組むと、腰下が一気に重くなります。

とりあえずここまで

ここまで組んで、ブロック表面の塗装剥がれとか錆が気になってしまいました。今回はレストアする訳ではないのでそこまでキレイにする必要はないのですが、せっかくの機会なのでオリジナルと同じグレーの塗料で塗ろうかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。