続オイル漏れ

Citroen DS5

オイルが垂れなくなるまで放っておこうと思っていたDS5ですが、そろそろ再開します。

オイルフィルタ

中々オイルの垂れが収まらないなと思ったら、オイルフィルタを外すのを忘れてました。それにしてもこのフィルタ、もう少し外しやすい場所にできなかったのでしょうか…。

油圧調整のソレノイドとシール

ソレノイドのケーブルを通すところのシールからオイルが漏れているので、シールとソレノイドアッセンブリを交換します。

交換後

ケーブルの取り出し口からの漏れを修理したいだけなのに、ドライブシャフトを抜いてブラケットを外し、オイルパンを外してソレノイドを交換しなければならないとか、どうなんでしょうか。このエンジン、定番のオイル漏れ箇所が多すぎます。オイルだけではなく、水漏れも定番の修理作業ですし。長く乗ろうと思うと、結構お金がかかります。

ブローバイホース

オイル漏れはもう1か所あって、漏れの場所がイマイチ特定できなかったのですが、結局、インマニに入っているブローバイホースの接続部から漏れているっぽいことが分かりました。単にOリングが劣化しているだけなのかもしれないのですが、単品ではパーツが出ないのでホースアッセンブリでの交換っぽいです。ということで部品待ちです。

イグニッションコイル

1本故障していたイグニッションコイルですが、オーナーさんが注文したコイルが届いたので交換します。1本壊れたということは、残りの3本もそのうち壊れるかもしれないので念のため全部交換します。届いたコイルはノーブランドのもので、オリジナルとは若干形状が異なりますがとりあえず取り付けには問題無い感じです。

スパークプラグ

ついでに新車時から一度も交換されていないっぽいプラグも交換します。こちらもコイルと一緒に届きましたが、やはりノーブランド品です。オリジナルはNGKの製品なので安心感がありますが、ノーブランド品は耐久性的にちょっと疑問な感じです。ちゃんと確認していませんが、ぱっと見、外側電極にイリジウムのチップが付いていないっぽいです。オリジナルのNGKのものには、中心電極と外側電極の両方にイリジウムが使われています。

取り付け

とりあえず取り付け完了です。残りの部品が届いたらバラした部分を組み上げて終了の予定です。予定は未定ですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。