細々と

Alfa Romeo GT 1300 Junior

色々やっているJuniorですが、まだまだ細かいところでやらなくてはいけないことがあります。

ステアリングコラムスイッチ

スモールが点いたり点かなかったりするコラムスイッチをなんとかしてみます。交換しちゃったほうが良さそうですが、結構なお値段がするので外してみました。画像は直した後ですが、コラムシャフトに巻き付けるバネも切れてました。

取り付け

接点を磨いたら良くなったのでそのまま戻しました。配線にコネクタが使われていないので、結構脱着が面倒でした。

バックアップランプ

バックランプが点かないので見てみました。レンズのネジ留め部が割れて無くなっていたので、ネジ留めできるように補修しておきました。

取り付け部

点かない原因はアース不良でした。ランプハウジングをボディに留めるネジが錆びや塗装によってアースに落ちていませんでした。留めネジに菊ワッシャを入れてアースが取れるようにしておきました。

ワイパー

ワイパーゴムがちぎれていて機能していなかったのでブレードごと交換しました。しかも左右のワイパーアームの位置が合っていなくて、動かすとお互いに当たってしまいます。アームの固定位置を丁度良くずらして当たらないようにしておきました。

ウォッシャバッグ

ウォッシャバッグが付いていなくてホースがそのままほったらかしになっていたので、手元にあった適当なバッグを付けておきました。ポンプの中が汚れていてノズルが詰まるので、一度ポンプを外して中をすすいでおきました。ノズルも片方の穴が詰まっていたのでつついて水が出るようにしておきました。おきました、おきましたって、小学生の作文みたいです。他にもまだまだやることがありますが、また後日、がんばります…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。