引き続きA112 Jr

バラして掃除

まずヘッドからです。超音波洗浄機に漬け置き用洗浄剤を入れて1日ほったらかしにしたらエキゾーストのポートのカーボンが楽に取れるようになりました。ポートの汚れを落としたら古いガスケットなどを取り除いてキレイにしてから面出し。バルブを外してバルブの傘に溜まったカーボンや錆を落としました。

ヘッドの組み上げ

汚れは結構溜まっていましたが、バルブガイドやステムの摩耗も少ないですし、バルブシートや当たり面の状態も悪くなかったので、擦り合わせをしてそのまま組みました。Abarthじゃないのでスプリングはシングルです。リフターのアーム等のヘッド周りのパーツの清掃・給油・組み直しもしました。明日はブロック側の作業です。ちなみにモノタロウの宣伝をしているわけではありません。

2 thoughts on “引き続きA112 Jr

  1. うーん
    渋いなあ、ホント
    ABARTHじゃないA112
    ここまでしてもらって幸せですね
    うらやましいなあ

    • エンジン単体で中古で買ったもので素性が判らないし、しばらく屋外に置かれていたのでバラしてみた次第です。
      余裕があればちょっとしたチューンとかしたいところですが、ジュニアなので変にいじらずストレスなく回ればそれで良しと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。