オルタネータ

1974 X1/9に付いているBoschのオルタネータ

ジャガーは無事納車となりました。普通にエンジンさえかかれば、とても静かで調子の良い個体でした。

で最近、自分のX1/9に乗っているとバッテリ液が湧いている臭いがするんです。けど、少し走ると治まったりします。変だなと思って臭いのする時に電圧を見ると、エンジンの回転数が上がると18Vとかになってます。レギュレータが故障してます。

74年のX1/9は標準でBosch製の33A出力のオルタネータが付いています。電装品が少ないので出力が小さいほうがエンジンのパワーを取られなくて済むので、大きいものに変えずに使ってました。ただオリジナルは外付けのレギュレータなのですが、後継機種のブラシ一体型の物に換えて使っていました。

ブラシ一体型のレギュレータ

オルタネータを外してみると、レギュレータのカバーが熱で変形していました。内部の回路も損傷を受けていると思われます。外付けに戻すか、エキゾーストパイプの熱を遮るカバーを付けるかしないとダメっぽいです。ただこのレギュレータ、激安品なので、そのあたりにも問題があるのかもしれません。とりあえずもう少しマシそうなレギュレータをいくつか買ってみたので、それらが来るまでの間は1500用のMagneti Marelli製の55A出力のオルタネータを付けて乗ります。涼しくなってきたのでキャブ調も変えなきゃです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。