Panda 30

Fiat Panda 30

新規登録のため入庫です。イタリアから届いたばかりで、これから触媒とか付けて車検整備をします。イタリアで7~8年前にレストアされて使われていた車だそうですが、信じられないくらい程度が良いです。

後ろ姿

重箱の隅をつつくような見方をすれば小傷など見つかりますが、塗装の状態も良く、ウェザーストリップの大部分は新品に交換されていたり、レンズ類なども新品だったり、外装はほぼ文句のつけようがありません。

コンソール周り

内装ももちろんキレイで、シートの表皮等の貼り物も殆ど張り替えられていてとても良いコンディションです。

助手席側

30年以上前のクルマとは思えないくらいの状態です。ボンネットやフロントグリルのエアスクープに取り付けるオプションのカバー等も付いていて、マニアにはたまらない仕様です。

リアシート

あまりにも状態が良いのでレストアしたばかりかと思ったのですが、レストアは7~8年前というのですから驚きです。

エンジンルーム

もちろんエンジンルームもピカピカです。キレイなだけではなく、エンジン自体もとても静かで調子も良いです。旧い500の2気筒エンジンにはあまりスムーズなイメージは無いのですが、このクルマでそのイメージはすっかり変わってしまいました。

登録が完了するまでにはまだ時間がかかりますが、登録出来たら売りに出されるそうです。これくらいの年式のクルマはたいてい車検付で買っても、買った後に何かしら手を入れていかないと普通に乗れなかったりしますが、これは多分そのまま乗れると思います。その分お値段は張るでしょうけど、お値段以上の出来栄えですし、最終的には安上がりかと思います。イタリア人ってイイ加減かと思ってましたが、ここまで完璧に仕上げられると頭が上がりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。