定番

Peugeot 308

冷却水が漏れるということで入庫です。定番作業のサーモスタットの交換です。まずサーモスタットにアクセスしやすいように余計な物を外します。

余計な物たち

この辺に付いている物たちを、

外します

こんな感じに外します。バッテリ周りやエアインテーク等の配管類を外さないと、作業のスペースが確保できないのです。スペースができたら、サーモスタットにつながっているホース類を外します。

またお前か…

で、優しく、時に程良い大胆さで揺さぶりながらサーモスタットを外します。今回は裏側のパイプは交換しないのでウォーターポンプ側でパイプが抜けないように慎重にやります。

ブロック側

画像の真ん中あたりの開口部付近にサーモスタットが付きます。当たり面をキレイにしてから新しいサーモスタットを取り付けます。今回はセンサ類のコネクタを変換するアダプタが必要でした。あとは外した時と逆の順番で戻していけば終了です。サラっと書いてますが結構面倒ですし、ちょっとしたコツみたいなこともあるので、よほどの好き者の人以外はDIYは避けたほうが良いと思います。

クーラントを入れたら2か所のエア抜きポイントを開けてエア抜きをして、クーラントの量を調整したら完了です。こんなにサーモスタットの不具合が頻発しているのに、リコールにならないのが不思議です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。