続Panda 30

Fiat Panda 30

呑気に自分のクルマばかりやってられないので時間ができたらPandaをやります。見た目の程度が良かったので油断してたのですが、どうもフロントブレーキが固着気味です。最悪、キャリパーのオーバーホールが必要です。他にも朝一のエンジン始動が困難で、原因がキャブか点火か切り分けしています。

ダウンパイプ

触媒もとりあえず購入してもらったのですが、パイプ径が今時のスポーツタイプのものなのでやたら太いです。Pandaのパイプとの差が20mmくらいあるので材料を吟味しています。スペース的にも厳しいのでフランジも小さめにする予定です。

触媒

エンジンにはオイルにじみもありますし、キャブからもガソリンがにじんだ形跡があるのでそのあたりも対策する必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。