CR-Xの残作業

Honda CR-X

以前から何度かお預かりしているCR-Xの残作業です。まず、リアが結構当たり気味ということで15mm車高を上げることになりました。画像は上げた後です。フルタップの車高調なので、タイヤを外せばすぐにできます。

謎のクーラントのバルブ

お次はインテークの近くに付いている、何の機能のものかは分からないバルブからクーラントが漏れているので、その対策をします。バルブアッセンブリの供給は無いので、水の経路についているガスケットを交換します。

丸いガスケット

もう既に先人が液体ガスケットで対策していました。けどこれじゃダメなので、純正のガスケットを購入してきてもらいました。

交換

まだこういう細かいパーツは出るんですね。

四角いガスケットとカバー

ユニオンの付いているカバーが鉄製で、常に水にさらされているため錆びてます。メッキが剥がれないように磨いて面を出しておきました。

新しいガスケット

新品は丸断面なのですが、古いガスケットはゴムの弾力が全く無く、板状に潰れています。新しいガスケットを入れてカバーを戻します。で、バルブ自体をインテーク付近の付いていた部分に戻して終了です。

スピードメーター

先日作っておいたメータークラスタを取り付けます。新旧メーターのオドメータの距離を合わせてから取り付けます。

取付完了

フルスケールが240km/hになりました。メーターの照明のT10ウェッジ球をLEDの物に交換して白く明るくなりました。

最後に、先日交換したドライブベルト類が初期伸びのために音が出ていたので張りを再度調整しました。明日納車の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。