水もれ甲介

Citroen DS5

昔、そんなドラマがありましたね。ちょっと前にオイル漏れでVVTソレノイドを交換したクルマが再入庫です。またオイルが漏れているとのことでちょっと緊張が走りました。見てみたらオイル漏れはオイルパンからの滲み程度だったのですが、冷却水が激しく漏れています。

ウォーターポンプ

色々外して漏れているところを確認したところ、ウォーターポンプの裏から漏れています。ここにはサーモスタットからの樹脂のパイプが繋がっていて、そこの継ぎ目から漏れています。このパイプを交換するしかありません。交換するには例のサーモスタットを外したりしなければならないので結構面倒です。プーリー表面のゴムもひび割れているので、こちらも要交換です。このエンジンはお決まりのところがもれなく壊れるので覚悟して乗らなければなりません。このクルマもきっとそのうちサーモスタットも壊れることでしょう。こういうところに樹脂のパーツを使ったことで、クルマが使い捨ての物に成り下がってしまっています。悲しいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。