多分終了

Citroen DS5

クーラントリザーバタンクのホースが来たので組み上げます。

ホースとかドラシャとか

ホースにはクリップとかユニオンとかも付いてきたので、新しいものをそのまま取り付けます。ホースを付けたらドライブシャフトを取り付けます。

オイルパンとか

組み上がったらオイルとかクーラントを入れてエンジンをかけてみます。サーモスタットハウジングとヒーターホースにエア抜きのバルブが付いているのでエア抜きをしておきます。ヒーターから温風が出ることを確認してから、ラジエタファンが回るまで温めて水温が安定することを確認します。念のためちょっと長めに試走して、オイルやクーラントの漏れがないことを確認したら納車の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。