ローター

Jaguar XJ40

難航していたジャガーさんです。失火が原因だろうというところまでいったのですが、確信が持てずにいました。しかし、ディスビのセンターコードまでは高圧が来ているのですが、プラグへのコードまでは来なくなっているようでした。ということはディスビの中で高圧が消えているということなので、ローターが怪しいと…。しかし、ローターの抵抗部分はきちんと導通していますし、見た目での破損や焼損は見当たりません。ディスビキャップのセンターピースや電極の導通は問題ありませんし、やはりキャップにも破損や焼損は見当たりません。なのに、どこかへリークしているのです…。

ローターの裏側

キャップのセンターピースは確実にローターの中心電極に当たっていますし、ローターの抵抗は導通しているので外側電極にも高圧は通るはずです。けど 外側電極 までいかないということは、中心電極から近い金属部分にリークしているのだろうと。ローターの中心電極の真下にはディスビのシャフトが刺さっています。もしかしてローターの裏側のシャフトが刺さっている部分に目に見えない亀裂があるのかも…。

お試し

試しにこんなことしてみました。画像には映りませんでしたが、なんとこの状態でローターの外側電極から、クルマのボディに生えているスタッドに向かって火花が飛ぶのです。ということで、結局ローターが原因だったいうオチです。念のためキャップもセットで注文しました。

今回はポンプ自体の不具合とポンプハウジングの不具合が重なった上に、さらにディスビローターにも不具合があったため、原因の特定が非常に難しかったです。現象も常に出るわけではなかったり、現象が出ても毎回違う出方だったり…。

とりあえずエンジンがかかって乗れる状態になったので、しばらく不具合が出ないか試走する予定です。新たな不具合とか出ませんように…。

2 thoughts on “ローター

  1. おつかれさまでした
    電気、難解ですね
    とはいえ、さすがです
    廃車にならずに復活したジャガー
    うれしいニュースでした

    • そちらこそ、ひざのレストア、お疲れさまでした。
      リハビリが済んだら850でのミーティング、実現させましょう。

      深く考えずに考えられるパーツをどんどん交換していけばいいのですが、なかなか判断が難しいです。
      オーナーさんにとっては早く直った方が良いのでしょうけど、かと言って壊れていないパーツの料金を請求されるのも理不尽なことかなと思ってしまいます。
      でもホント、何事も無く普通にエンジンがかかるようになって良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。