接触不良

Honda CR-X

右ウィンカがハイフラッシュになるとのことで入庫です。電球の接触不良かと思ったのですが原因は配線でした。

泥棒タップ

通称、泥棒タップです。ウィンカの線にコイツが付いていました。ここを触るとウィンカが点いたり消えたりします。以前にこれを使って配線を分岐していたようです。今は分岐の配線が外されていて、単に切られた配線を繋ぐために付けられています。手軽なので配線の分岐などに使われることが多いですが、電気に詳しい人はトラブルの原因になることが分かっているので絶対に使いません。

中身

ビニル被覆線をムリヤリ電極の隙間に押し込む仕組みです。このタップの仕様とケーブルの太さが合致していないと接触不良になったり心線が千切れたりします。

修正

面倒かもしれませんが、ハンダ付けするのが確実です。今回は心線を撚ってハンダ付けしてから熱収縮チューブを被せました。

クルマはメカ部分にばかり重きを置かれる傾向がありますが、実は電気部分も重要だったりします。電気は目に見えないので繋がってれば良し的な風潮がありますが、実は配線の接続ひとつとっても、接触抵抗の問題とか色々と気を付けなければならないことがあります。結局、メカも電気も手抜きをしないのが賢明ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。