再度ラジエタ

Alfa Romeo 156

クーラントが漏れているということで入庫です。依頼主からはラジエタっぽいので交換してくださいと言われたのですが、漏れの原因はアッパーラジエタホースでした。けど、ラジエタは購入済みとのことで交換します。

バンパー外し

デジャヴのような光景です。問答無用でバンパーを外します。ヘッドライトが無いのは気にしないでやってください。色々訳アリなんだと思います。

お疲れちゃんのラジエタ

新車時から交換されていないようです。タンクが樹脂の割には重いです。

滲み跡

漏れてはいませんでしたが滲みの跡はあるので、遅かれ早かれといった感じです。

新品のラジエタ

新品のラジエタは、コアがアルミで軽いです。デジャヴ?

純正アッパーホース

社外品にしてはちょっとお高いですねと思ったら純正品が届きました。

取り付け

作業内容は前回の155の時とほぼ同じ感じです。エアコンのコンデンサを外してからシュラウドとラジエタファンを取り外し、新しいラジエタを収めたら外したものを戻すという。ロアサポートやバンパーを脱着しなければならないのでちょっと時間がかかります。

エアインテークのダクトの下にアッパーホース

アッパーホースの交換も、吸気系のダクトの脱着が必要です。取り付けが終わったらクーラントを入れてエア抜きをして、ヒーターが効くことや適切な温度でラジエタファンが回ることを確認したり、クーラントの量を調節したりして終了です。意外と時間がかかりますです。冬はなかなか冷却系が温まらないですし。早く春にならないかな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。