フロントブレーキ

Alfa Romeo Spider Duetto

あまり進んでいないSpider Duettoのブレーキの作業です。

新品パーツ

交換する部品はたったのこれだけです。まずはマスターシリンダを交換します。

お疲れちゃんのマスターシリンダ

エキゾーストパイプのステーが邪魔なので外してからマスターシリンダにアクセスします。いつ頃かは分かりませんが、一度交換されているようです。特に漏れなどの不具合はありませんでしたが、念のため新品に交換します。

交換後

まだエキゾーストのステーは取り付けていませんが、こんな感じの収まり方です。マスターシリンダの交換中に気付いたのですが、手前のクラッチケーブルのレバーのボルトの中心がずれてます。

クラッチケーブルのレバー

ボルトの中心にブッシュが入っていたようで、風化して無くなりつつあります。部品を探して交換しなくてはなりません…。

フロントキャリパ

お次はキャリパーです。対向式で、ピストンを抜いてみました。幸い固着とか無かったです。

シリンダ内部

やはり過去に一度バラされているようです。その時の固着が酷かったのか、ダストブーツをはめるフランジの一部が欠けています。漏れはないのですが、シリンダ部やグルーブ部分を掃除してシールを交換します。

ピストン

ピストンの側面には錆による腐食がありますが、今のところ漏れはないので掃除して再使用します。

元に戻す

掃除して新しいシールとブーツを取り付けて、キャリパーを戻します。この後パッドを入れて抜け止めのピンを挿して完了です。ブレーキホースを注文し忘れてまだ届いていないので後日交換します。ローターの表面がかなり錆びて腐食しているので、効きが悪くならないかちょっと心配です。明日はリアのブレーキのパーツを交換します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。