リアブレーキ

リアブレーキ

Spider Duettoのリアブレーキです。油圧のシリンダでキャリパのレバー部分を押す構造です。面白いです。汚れていると何が何だかわからないので掃除します。

刻印

少し掃除したらDUNLOP製だということが分かりました。昔の製品にはパテントナンバーが刻印されていたりします。

お疲れちゃんのブレーキシリンダ

ブレーキシリンダは漏れてはいませんでしたが、固着気味だったので念のため新品に交換します。

交換後

相変わらずピンボケですいません。新しいブレーキシリンダを取り付けました。シリンダからロッドを介してキャリパの大きなレバーを押すような感じになっています。ハンドブレーキのワイヤは、その大きなレバーの先端に付けられたレバーを引っ張るようになっています。

クリアランス調整機構

パッドとディスクのクリアランスは自動調整式で、ハンドブレーキワイヤを引くことで常に勝手に調整されるようになっています。それでもそんなに適切には調整されないので、念のため手動でラッチを回して調整しておきます。昔のドラムブレーキのクリアランス調整と同じような感じです。

油圧系の交換が終わったのでエア抜きをして、ワイヤ類やペダルの遊びの調整をして終了です。ブレーキホースの交換はまだですが、とりあえず試走してみました。ハンドブレーキを引いた感じがあまりにも軽くて手ごたえが無い感じなのですが、効いてはいるようなので様子見とします。ペダルの踏み心地もちょっと柔らかいのですが、効きは悪くない感じです。ただ、ブレーキング時にハンドルが左にとられるので片効きしているようです。リアのパッドのクリアランスを調整してみたのですが様子が変わらなかったので、ローターとパッドの摩擦状態が左右で異なっているのかもしれません。交換するかどうか悩ましいところです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。